がんと言われたら…

多くの方が「最初は混乱して何も考えることができなかった」とおっしゃっています。

「残された家族はどうなるんだろう」「どうして私がこんな目にあわなければならないんだ」と不安の虜になり、お嘆きになります。

また、本人だけでなく、家族にも非常に負担がかかります。
しかし、ここで皆様に知って頂きたいことがあります。それは病気に対していろいろ調べられた方でも、がんというものに対するイメージや知識は、根拠のない噂や迷信に影響されてしまっている部分があるのではないでしょうか。事実、日本では様々ながんに対する誤解が生まれてしまっているのが現状です。

今回の解説で、がんと闘う人達の不要な不安をなくし、闘病の支えになれたらと思います。
がんという漢字をご存じでしょう 「癌」。 この字を分解すると、<病だれ> に <品物の山> です。

あれもこれもと手に余る荷物を背負って、休みもとらず、もっともっととひたすら上を目指し、いつも周りに神経を尖らせて・・・ついに疲れ果ててなる病気、それががん。
だから治すためには荷物を減らすのが一番です。 長い人生、すべてを捨てて、一つのことに集中しなければならないときが、一度や二度、必ずあります。

あなたにとって今がその時です。
命より大事なものはありません。

とにかく後悔しないよう、今できる最大限のことをしておきましょう。